会長あいさつ

2018-19年度 会長あいさつ

20-330伊藤哲朗君(201102).jpg

 2018~19年度のバリー・ラシンRI会長は、今年度のテーマを『BE THE INSPIRATION(インスピレーションになろう)』と提唱しています。
 そして、一番大切なのは、前向きな変化を生み出し、私たちが今日直面する課題に、勇気と希望、創造性をもって、正面から立ち向かう意欲を、クラブ、地域社会、組織全体から引き出すための「インスピレーション」になる必要があると説いています。
 インスピレーションは、「超我の奉仕」から得て、ロータリーと通じて行動し、かつ人々にインスピレーションを与え、同時にロータリー自体が地域のインスピレーションになろうと語っています。
 また、第2760地区村井總一郎ガバナーは、地区活動方針として、「あなたの街にロータリーを! あなたの街からロータリーを!」を掲げ、行動指針として、①分区内交流活動を行おう、②工夫した例会を開催しよう、③地区HPに活動を載せよう、④会員増強を行おう(女性会員と若い会員)、⑤ポリオ撲滅に貢献する活動をしよう、⑥ロータリーデーを楽しもう、⑦ロータリー賞に挑戦しよう、の7項目を挙げられました。
 これを受け、今年度の津島ロータリークラブは、「PULSE COMMUNICATION」、パルス・コミュニケーション、波動の交流をテーマに取り組んでいきたいと思います。インスピレーションは、ロータリークラブがより能動的に、交流を深めていくところにあって、それは、お互いに刺激し合うことで、具現化されていきます。そういった刺激が地域やクラブ、人と人との交わりで、さらに大きな広がりをもつことにつながってまいります。パルスを持った心の交流をめざしていきます。
 さて、ロータリーの10年後、20年後を考えると、地域特性を鑑みながら、今こそそのあり方を見つめる必要があると感じています。持続可能な活動は、常に戦略的に取り組んでいかなければなりません。65周年の節目の年を経て、会員増強を含め、バランスのとれたロータリークラブをめざしていきます。
 ロータリアンとして、「ロータリーの目的」「四つのテスト」「国際ロータリーの使命」「ロータリー財団の使命」「中核的価値観」をしっかりとらえ、身近なところから学びかつ行動していきます。ロータリーデーは、地域で我々ロータリアンの奉仕の輪を拡げる機会として、楽しい交流の場としていきます。
 My ROTARYの登録は、情報のネットワークとしての意味合いからも、不可欠の要件となり、メンバー全員の登録をめざしていきます。地域から世界へ、世界から地域へ、双方向の奉仕が大切だと思います、そして、メンバー全員で「ロータリーを楽しもう」を合言葉にして取り組んでいきたいと思います。